バス釣りにおいてクランクベイトで使いたいベイトリール!【2018年度版】

クランクベイト。

かわいい見た目と適度な巻き心地。

そして、ブリブリと泳ぐ姿勢はたとえ釣れなくても釣り人を癒してくれるルアーです。

そんなクランクベイトにはいわゆるクランカーといわれる、

クランクしか使わないアングラーがいますw

それぐらいバス釣りにおいてクランクベイトって、魅力的なルアーです。

そんな魅力的なクランクベイトにあなたもハマるためにすること。

それは適切なベイトリールを選ぶということ。

リールのセレクトを間違うと、

キャストがしづらい、巻いていて疲れるなどなど。

1日クランクベイトをやりきることができなくなります。

スポンサーリンク

クランクベイト専用のベイトリールを選ぶときのポイント

・ローギヤであること

・キャストが容易であること

・剛性

この3つは意識したいポイントです。

ローギヤ

クランクベイトを使い込むにあたって超大事な要素がギア比です。

最近はエクストラハイギアなんかがラインナップされていますが、クランクって巻き抵抗があるルアーです。

だからこそ選びたいローギア。

1日巻いても疲れない。

だからガンガン巻いて釣りにリズムが生まれる。

リズムが生まれるから釣れる。

キャストが容易

これも大事な要素。

簡単にキャストができること。

とくに固定重心のクランクを使う場合はキャスタビリティが安定しているベイトリールをセレクトするのが大事かと。

毎投バックラッシュを気にしながらキャストをするとかストレス以外の何物でもありません。

剛性

とにかくひたすら巻いて、

ひたすらキャストする。

クランクベイトの釣りって、結構リールを酷使しますよね。

だからこそ意識したい、剛性。

1年使ったくらいでへこたれないベイトリールを選ぶのが大事かと。

ジリオンSVTW5.5が最強

現時点ではジリオンSVTW5.5が最強かと。

理由としては上記3つの条件をすべて満たしているから。

カルコンとジリオンsvtw5.5を比較した場合

えっ、クランクと言ったらカルコンでしょ!

わかります。

僕もカルコンという選択肢はアリだと思います。

だけど、カルコンにちょっと足りないものがあります。

それが、

キャストの安定性。

カルコンシリーズって、結構スプールのバランスが悪いと個人的には思っています。

なので、向かい風の状況なんかだったら結構しんどい。

その点、ジリオンsvtwはsvスプールが搭載されているので楽々キャストできます。

まとめ

結論としてはクランクを使い込むならジリオンsvtw5.5かと。

ほかにも様々なベイトリールの選択肢がありますが、このリールを選んでおけば間違いないかと。