メガバスのラウダ58のインプレ!飛距離はどうなのか?

ベイトリールといえば、

シマノとかダイワ。

またはアブ。

その3つの選択肢のなかから選ぶのがほとんど。

だけど、一部のアングラーが愛用しているベイトリール。

それが、

メガバスのリールです!

メガバスって、ワンテンをはじめとする世界基準の製品を世に出しているメーカーです。

そのメガバスが出しているベイトリール。

いいに決まっています!

そんなメガバスのベイトリールから今回はラウダ58。

時代はハイギア化の流れになっていますが、このラウダ58はローギア仕様のリールです。

管理人も巻物をするならやっぱりローギアかなと。

そんなメガバスからラインナップされているラウダ58のスペックをみて管理人が感じた印象をまとめました。

スポンサーリンク

ラウダ58のスペック

メガバスのラウダ58のスペックは以下のとおり。

・自重・・・180g

・ギア比・・・5.8(ハンドル1回転あたりの糸巻き量60㎝)

・糸巻き量・・・14ポンド70m

シャロークランクとかショートキャストでゴリゴリ巻いていくには最適なスペックになっていますよね。

SVスプール搭載

このラウダ58はsvスプールが搭載されています。

なので、糸巻き量を調整することによってシャッドなんかの小型プラグも軽快にキャストすることができます。

シャッドって、ハイギヤで使っている人が多いですが、ローギアでテロテロと巻くことで、また違ったバスが釣れるのがおもしろいんですよね。

コルクノブの存在

これはメガバスらしいというか、見ていて楽しい作りをしてくれているというか。

コルクノブって、使用感は人それぞれですが、リールがかっこよくなりますよね。

リールは機能だけじゃないです。

いかにアングラーが愛着をもって使いこなすことができるようになるかも大事です。

そのためにも見た目がかっこよくなるコルクノブの存在は結構大事だったりします。

まとめ

メガバスから発売されているラウダ58。

ローギアの需要は減りつつありますが、そういった流れでラウダ58の存在はありがたいものです。

メガバスのリールはみんなが使っていないから、ちょっとした所有感があるのもいいですよね。