アブレボエックスのインプレ!コスパに優れていて飛距離もしっかり出る剛性リール

バス釣りでアブのリールといえば、やっぱりレボシリーズ。

レボシリーズが出るまでのアブのベイトリールは個人的にシマノとかダイワに負けている印象を持っていました。

ですが、レボエリートなどのレボシリーズが発売されてからかなりのバスアングラーがアブのリールを使っています。

そんなレボシリーズですが、コスパに優れたモデルが発売されました。

それが、レボエックス。

もともとレボシリーズって他社に比べたら結構安いんです。

ですが、レボエックスはもともと安いレボシリーズのなかでもさらに安い価格設定になっています。

楽天とかで価格をみてみると大体1万円くらいで購入することができます。

そんなアブのベイトリールであるレボエックス。

スペック、特徴なんかをみて個人的に感じた印象をまとめました。

スポンサーリンク

レボエックスのスペック

まずはレボエックスのスペックから。

・自重224g

・ギア比・・・5.4、6.6、7.3

・糸巻き量・・・20ポンド90m

・スプール径・・・33ミリ

スペックを見た感じだとカッチリしているリールっていう感じの印象ですよね。

20ポンドを90m巻けるということでフルサイズのラバージグを使うときなんかにもいいですよね。

ただ、スプール径が33ミリというのが気になるところ。

幅広いルアーを使用できるように33ミリのスプール径にしていますが、レボエックスはどちらかというと重めのルアーを中心に使いたいルアーです。

そう考えるともうちょっと34~36ミリのスプールにしてもいいんじゃないかなーとは思いました。

ローギアのラインナップがうれしい

レボエックスで個人的にうれしいところはローギアのラインナップがあるところ。

コスパに優れたモデルでローギアがあるのはアブのレボエックスぐらいではないでしょうか??

クランクベイトを極めるためにローギア。

スイムジグ、スピナーベイトをスローロールを極めるためにローギア。

そういったことをするためにまずレボエックスのローギアを購入することは堅実な選択になってくるかと。

まとめ

レボシリーズのなかでも圧倒的なコスパを兼ね備えているレボエックス。

安いだけでなく剛性もしっかりしていて、ラインキャパも豊富です。

なので、自分の釣りにあったギアセレクトをすれば満足できるリールになるかと思いますね。