レボエリート8、7のインプレ!レボはここから始まる

レボエリートシリーズは、IB、オーロラ、暁などのいろいろなシリーズがあります。

そのオリジナルがレボエリート。

アブのレボシリーズを楽しみたい人は、このレボエリート7か8という選択もアリ。

そんなレボエリート7/8のインプレをしていきます。

スポンサーリンク

カスタムしがいがある普通

このオリジナルのレボエリートはいい意味で、

普通ですw

なんだろ、本当にクセがなくて自重も170gで軽いし、糸巻き量も14ポンド100mでちょうどいい。

ブレーキシステムもマグダイアルでシンプル。

本当にいい意味で、普通です。

だからこそ、ZPIとかスタジオコンポジットでカスタムをカチャカチャしていきたいところですね。

・ZPIのイナーシャハンドルに関する記事

ギヤ比も各種ラインナップ

レボエリートには、ギヤ比がローギヤからギヤ比8.0までのハイギヤまでラインナップされています。

なので、ボート釣行がメインで何本もタックルを組み込む人にとっては、オリジナルのレボエリートで揃えるのもいいかと。

レボエリートは中古がお手頃

このベイトリールは、中古で買うのがいいかと。

レボエリート7/8が発売されたのは、2013年ごろ。

発売されてからだいぶ経ちます。

ベリーネットで中古品を探してみると、1万5千円前後で購入することができます。

これってお買い得かと。

管理人
中古で購入して、安く済ませた分、イナーシャハンドルとかつけてカスタムするのもおもしろいですね。