アブ、レボエリートIBロケット9のインプレ!ギヤ比とネーミングが抜群!

レボエリートIBロケット9。

ロケットっていうネーミングがなんともスピード感が出ていて個人的にはかなりいいかとw

琵琶湖のディープ、ロックフィッシュ。

カバーから瞬時にバスを引きずりだすには持ってこいのベイトリールになっています。

スポンサーリンク

テキサス、ラバージグのテンポが早くなる

ギヤ比9.0ということで、カスミ水系などの永遠と続くピッチングなどのキャストしてから回収してまでのテンポがめちゃめちゃ早くなります。

今までは、フリッピングでシャローを釣っているのが、ピッチングからでも同じくらいのテンポで釣りをすることができるようになるのは、トーナメンターにはうれしいかと。

16ポンド100mの設定がグッド!

テキサスリグ、ラバージグを使用する場合は、基本的にラインは16ポンド前後。

がっつりとカバーの釣りをする人は、20ポンドを使うかと思います。

レボエリートロケット9はそういったことを考慮して、16ポンド100mとテキサス、ラバージグの釣りにベストな糸巻き量のセッティングになっています。

レボブラック9との違いは?

アブのレボシリーズの中に、レボブラック9というキムケンさんがプロデュースしたモデルがあります。

レボブラック9もギヤ比が9.0ということで若干レボIBロケットとかぶっている部分があります。

自重とハンドルの長さが違う

大きく違うのは2つ。

自重とハンドルの長さが違います。

レボブラック9の自重は235g、レボエリートIBロケット9の自重は195g。

だいぶ重さが違います。

カスミ水系などの比較的ライトカバーな釣りをする人はレボエリートIBロケット9のほうがいいかと。

そして、レボブラック9はハンドル長さが100ミリに対して、IBロケット9はハンドル長さが90ミリの設定になっています。

まとめ

レボエリートIBロケット9。

個人的な印象としては、自重もそこそこ軽いし、ハンドルも90ミリで巻きやすい設定。

それでいて、糸巻き量もベストな設定になっている感じがするので、アブ好きならチェックはしておきたいところかと。