レボLTXBF8のインプレ、129gって軽すぎる!ベイトフィネスとしてはどうなのか検証

レボシリーズ最強のベイトフィネス機だと個人的には思っているレボLTXBF8。

だって自重129gですよ?!

シマノのベイトフィネス専用機であるアルデバランBFSXGが130gなので、かなりいい勝負をしています。

・アルデバランBFSXGのインプレ

そんな、レボシリーズのなかで最も軽いレボBF8のインプレをしていきます。

スポンサーリンク

アブ、レボBF8のインプレ

とにかく軽い!

もうね、レボBF8の特徴はなんといっても、

軽い!!

これがすべてかと。

ピッチング、サイドハンドキャスト、ロールキャスト。

これらを軽快にキャストできる要因って、間違いなくベイトリールの自重が関係してきます。

ベイトフィネスにがっつり使えるスプールも魅力

従来のアブのベイトフィネス機に比べて、レボBF8はベイトフィネス設計に作られているので、スモラバなんか比較的投げづらいリグも投げやすいかと。

カスミ水系なんかは、絶対に使えるリールとなることは間違いないかと。

アルデバランBFSXGとどうやって使い分ける?

ぶっちゃけ、アルデバランBFSXGとどっちがいいの??

そんな風に思う人もいるかと。

これは、正直、

完全な好みになってくると思います。

アブが好きなのか?

シマノが好きなの?

単純にそんな感じで決めちゃっていいとかと。

今の時代、どのベイトフィネス機も機能としては十分です。

まとめ

やっぱりレボシリーズって見た目がしぶくてカッコいい。

レボシリーズのいいところは、シリーズ全体が同じパーミングで使えるところ。

ボートアングラーの方は、レボですべて揃えれば、リールを持ち替えたときに違和感がなくていいかもしれませんね。